【不登校】小学生のネット依存・ゲーム依存

インターネットオンラインゲームにはまる子は低年齢化の一途をたどっているようです。

昨年のおわりごろから小学生の不登校のご相談が増えだしましたが、そのほとんどの子がインターネットをしている、というより、「小学生なのにネットやパソコンを使いこなしているなー」という印象をうけます。まるで中学生・高校生の「ネット依存症」のようです。

自分でブログやツイッターなどのサイトを開設したり、オンラインゲームで色んな世代の人とコミュニケーションをとったり、ネットでグッズやコンサートのチケットを売買したり、コンビニにプリペイドカードを買いに行ってはゲームをダウンロードしたりアイテムを購入したり・・・。しらない間に親以上の知識をつけては色々なことをやっている子がとても増えているのです。しかも、不登校中の小学生が、なのです。

中には、親も負けじと子どものブログを検索して探し当てたり、ネット(無線LAN)を切ったりネットのケーブルを隠したりと応戦するものの、子どもの中には親がブログを見ていることに気づいいてすぐさまブログを閉鎖したり、親が隠したケーブルを探し当てたり・自分でケーブルを買ってきたりと、まさに「いたちごっこ」状態になっている家庭もよくあります。

ただ、運良く、子どもに見つからずにブログをみることができた場合、思わぬ収穫が得られることがあります。たとえば、不登校になったいきさつなど、親にはいっさい語らないもののブログには赤裸々に書き込んでいたりするのです。カウンセリング中にこんな情報が得られた時、カウンセラーは「(ネット依存やブログ開設などを)やっていることの是非」というよりは、「ブログの書き込み内容の利用の仕方」について親御さんにアドバイスします。

オンラインゲームも同じです。ゲームの時間を少なくすることばかり思案するのではなく、「このゲームの話題を再登校に向けての何かに利用できないか」と考えるわけです。ネットやゲームに夢中で親子の会話が少ない場合は、「ネット」のことに詳しいことや、楽しそうにやっている「ゲーム」をうまく話題として生かせるようアドバイスするのです。もちろん、これらの話題がやがて「不登校・再登校」の話題へと応用できるようになるのです。

小学生といえども、ネットやゲームのことは中学生や高校生はもちろん、親も顔負けの知識をもっているのです。「ゲームやネットに依存」は言い換えれば「その気になれば長時間でも集中してやれる力がある」ということです。不登校のカウンセリングでは、「親子の話題」や「子どもの才能・能力」を広げたり伸ばしたりする方が得策だと考え、ネットやゲームを禁止するという方向だけではなく、時には、大いに利用する方向で進めることもあるのです。

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)
所長 福田俊一
担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村