【不登校】親の対応で「夏休み」を有意義に過ごし新学期の再登校へ

<夏休み>を親の対応で新学期からの再登校のチャンスに!

子どもが不登校の場合でも、夏休みといえど新学期からの再登校を考えると親としてはオチオチ休んではおられません。一学期の間に対応で疲れ果ててしまったご両親も多いでしょうが、夏休みは生かし方によって新学期からの再登校につなげる絶好のチャンスなのです。私どものカウンセリングでは、不登校の原因の解決方法だけでなく、具体的な夏休みの過ごし方についても、対応のアドバイスを差し上げています。

子どもさんの不登校は、何らかの原因があって始まったかもしれません。しかし、不登校状態が一週間をすぎてしまうと、もはや最初の原因は、あくまで不登校のきっかけにすぎず、原因ばかりに目を向けていると再登校のチャンスを逃してしまいます。カウンセリングでもよくお見受けしますが、長期化した不登校は「長く休んでいるから登校しにくい」という状況に陥ってしまい、不登校していることが不登校の原因になりやすいのです。特に「再登校したとき『どうして休んでたの?』とクラスメートにきかれたらどうしよう」という不安がカウンセリング中にもよく出てきます。しかし、この不安は夏休みという長期休みをはさむことで若干やわらぐことがあります。他にも、これまで親しかった友だちが疎遠になってしまっていると「登校しても一人ぼっちになるんじゃないか」という不安が頭を占めてきます。カウンセリングでお手伝いしている中学生・高校生の中にも「私、(ひとり)ぼっちやねん」という方もおられます。もちろん、学力不足も体力不足も再登校しにくい原因の一つになっているでしょう。

一学期のうちは、毎日のことに必死で親子でじっくり話ができなかったことでしょう。しかし、夏休みになれば親御さんも少しは時間がとれるはず。カウンセリングでもよくお勧めするのですが、お盆休みに家族旅行やお墓参りに一緒にいくのも良し。人の目を気にする子ならば、少し足をのばしてショッピングセンターに行くのも良し。親子で行動を一緒にできる時間が増えるほど、再登校のチャンスは大です。いつもと違う「非日常」が本人にも良い影響を与えます。しかも、車で移動できるのであれば、車の中という独特の雰囲気のおかげで子どもさんの口がゆるむこともあります。私どものカウンセリングでも「車」に乗っている時に会話が弾む子が多く、お勧めナンバー1です。ただし、車に乗っている人数によって子どもさんが話す内容も変わってきます。

勉強の遅れについても、話のもっていきようで塾や家庭教師に結びつけることもできます。もちろん「話のもっていきかたが重要」なのは言うまでもありません。こんな時の対応や話し方のコツは専門のカウンセラーにお任せ下さい。しかも、夏休みは勉強の遅れを取り戻すチャンスです。カウンセリングの中で具体的にアドバイスさせていただきます。

できれば、親御さんだけの判断や身近な人からのアドバイスだけで試行錯誤を繰り返し、親子の関係がこじれきってしまってからでは立て直し(=解決)にいっそう骨が折れます。「親も子も夏休みなのに、肝心の子どもは自室にこもりっきり」というのは避けたいところです。そうなる前にカウンセリングをスタートしていただくことをお勧めします。

淀屋橋心理療法センター(https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)