いじめ不登校

今時のいじめっ子の心理=「長いものには巻かれろ」

今となってはすっかり姿を消してしまった「正義の味方」。今は悲しいことに「長いものには巻かれろ」主義が主流になりつつあります。いじめられた子をかばうとその子が逆にいじめられてしまうのです。「見て見ぬフリ」「ことなかれ主義」が世渡りの原則になりつつあるわけです。

 

いじめがもたらす弊害=不登校・家庭内暴力・ひきこもり

いじめの種類は恐喝・暴力などの大胆なものから、仲間はずれやムシなど目の届きにくいものまで様々です。ここ数年は精神疾患の病名や○○障害などの名前・名称をもじった差別用語をつくってからかったり、そのために国や自治体などが元々の名称を変えたり漢字をひらがな表記に変えるなど工夫はしているようですが、どうも「いじめ」はそう簡単になくなりそうにありません。もちろん「いじめ」自体も深刻ですが、その弊害も実に深刻なのです。自殺はもとより、不登校、家庭内暴力、人間不信、果ては対人恐怖といった後遺症となり、十年以上も引きずってしまう人もいるのです。

「誰にもわかってもらえない辛さ」=孤独感・孤立感から不登校に

いじめをうけている子は「またいじめられるんじゃないか」という恐怖心だけでなく、「孤立感」も同時に味わっていることも多いのです。孤立感も不登校の大きな原因の一つです。「自分は悪くない、犠牲者だ!。そんな自分が不登校になっているのにいじめたヤツの方が楽しそうに登校している!」という気持ちも強いはずです。このように不登校中の子どもさんの心の中は「怖さ」「つらさ」「腹だたしさ」「くやしさ」「寂しさ」などの感情で満ちあふれているのです。そして、にぎやかなクラスの中で孤立しているとその温度差(自分と他人の雰囲気の高低差)の違いでいっそう孤立感が強まってしまい、不登校にいっそうの拍車をかけてしまいます。また、これと同様のことが家庭内でも起こります。明るい家庭ほど「いじめの話をすると雰囲気をこわしてしまうんじゃないか」と考えがちです。また、「親に余計な心配をかけてしまわないかな」「どうせ言ってもわかってもらえないだろうな」など、色々と気をまわしすぎて自分自身でブレーキをかけてしまうこともあります。学校でも家庭でも孤立する。これがいじめの「赤信号」です。

 

良かれと思ってとった解決策が裏目に=その子の性格に合った対応を!

自分の子ども(自分が担任をしている児童・生徒)がいじめられているとわかった時、その解決方法は慎重に考えなければなりません。「いじめた子を注意する」「いじめた子の親に注意する」「本人をはげます」「本人をなぐさめる・なだめる」など、一般的な対応は時には裏目に出ることがあります。特に、本人がいじめの事実を打ちあけるとすぐに親や教師が解決に走ろうとすることがありますが、そこは要注意!。本人は解決を望む以上に「みんなに知られたくない」「仕かえしが恐い」など、かなりデリケートに悩んでいるはずです。「言うとすぐに(親や先生に)動かれてしまう」という不安が、せっかく開きかけた子どもさんの口を閉ざしてしまいかねません。「気にするな」「もっと強くなれ」なども同様です。本人の感情を表面化させることかできるかどうか、身近に良き理解者がいると感じることができるかどうか。これがいじめ問題解決の重要なカギを握っています。

 

アドバイス編

 

親御さんへ:子どもさんの気持ちになって「聞き役」を

子どもさんにとって一番身近な存在は親御さんです。いじめ問題だけでなく「何でもよく聞いてくれる親御さん」をお願いします。ただ、最初からいじめの話ばかり出てくるわけではありません。日常の話題の中から批判や不安が出てきて、それを聞いてもらえるうちに安心感をおぼえるのです。「聞き出す」よりも『聞いてー聞いてー』をねらって下さい。また、本題のいじめの話が出てきても解決策は慎重に。「○○したら」と言いたい気持ちをぐっとガマンし、同調しながらじっくり聞いてあげて下さい。やがて「よし、こうしよう」や「お母さん○○して」といった解決策を自分で考えられることもあります。子どもさんが納得できる解決策が何より大切です。

先生へ:まずは家族の言葉をうけとめて

いじめ不登校は親も子も不安でいっぱいです。そんなとき「頼りになる先生」をお願いします。先生の一言に家族は一喜一憂します。それほど先生の影響力は大きいのです。初期段階で必要なことは、「それは大変ですね」「すぐに調べましょう」と家族の訴えを重要視するなど誠実な対応をとっていただくことです。逆に、安心させようと思い「その程度ならまだマシですよ」「気にしすぎじゃないですか」といった対応は逆効果です。家族は先生までも敵にまわした気分になります。それほどいじめ問題は当事者間だけでなく、学校との信頼関係にまで波及しやすいのです。問題をこじらせないようにしつつ、プロへの相談をお勧めいただくことも必要です。

学校+家庭:チームワークが大切です

いじめ不登校の解決に両者のチームワークは欠かせません。しかし、初めから解決策ばかり話し合っているとどうしても意見のぶつかり合いが起こりがちです。そこでおすすめなのが「事実でつながる」ことです。先生はその日学校であったことを親に、親は家での子どもの様子や会話を先生に、互いに伝えあって下さい。こうすることで、いざ担任の先生が子どもと話しあうときでも「○○が好きなんだって」と話が弾みやすくなり、親にとっても学校の話題を推測だけでなく、状況を頭にうかべて話すことができるようになります。

 

 

いじめ早期発見のサイン・いじめチェックリスト

子どもさんは学校でいじめられていても、なかなか家では言いません。そのため、親御さんは子どもの普段の様子からいち早く状況をつかむことが大切です。当センターで出版しました「しぐさでわかる心の病気」の中にも、いじめ不登校の早期発見のサインを掲載しています。

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村