対人恐怖症(対人緊張)タイプの不登校

「対人恐怖症」とは

「周囲の人の目が気になる」「相手の目をみて話せない」「同年代の人と話をするとドキドキする」「相手の様子から『自分が何か不快感を与えているのでは』と気になる」・・・。このように、対人恐怖症の人は誰かと接する時に恐怖心や緊張感を感じ、それを解決するために淀屋橋心理療法センターに来所されます。対人恐怖症と似ているのは、人前で顔が真っ赤になる「赤面恐怖症」、自分が変な臭いをだしているのではないかと気になる「自己臭恐怖症」、自分の目つきが気になる「自己視線恐怖症」等があります。

「対人恐怖症」は男女を問わず、10代の中学生や高校生から大学生、それに20~30代の社会人など、どちらかというと若年層にみられるのが特徴の一つです。そして「自分が話し相手にどう思われているか」が常に気になって頭から離れないために、相手と自分との間の「心理的に適度な距離感」が上手にとれないのです。対人恐怖症とは、自分と相手という対人関係の場において、自意識過剰(注!「得意気に自慢する」という意味ではありません)が引き起こす症状なのです。

登校中(勤務中)は常に緊張しっぱなし

小学校を卒業し中学校や高校に通うようになると、誰でも人間関係のことを気にする年頃になります。「中二病」なる言葉も生み出されるぐらいですから、中学生になるころがひときわ自分自身や相手との関係を意識するということでしょう。そんな年頃の時期に対人恐怖症になってしまった子は、毎日の登校がとても苦痛になります。授業中のみならず、休み時間、移動教室、給食や弁当の時間、昼休み、登下校の際など、緊張したり恐怖感を味わう場面が至るところにあります。対人恐怖症の子が少しは落ち着ける場所が保健室やカウンセリングルームなどの比較的人の少ないところです。休み時間をずっと机に突っ伏したり、休み時間になるとトイレや図書室などに逃げ込む子もいます。ところが、たとえば保健室といえど、学校によっては休み時間になると人が一気に押し寄せてきて落ち着けないということもありますし、養護教諭の先生に対して緊張することもあるのです。中学校や高校にいるうちはほとんど緊張しっぱなし・恐怖心でいっぱいで全然落ち着けないと言っても過言ではないでしょう。

裏目にでやすい解決努力(治そうと思えば思うほど逆効果に)

対人恐怖症の子は、他の不登校の子と比べてカウンセリングに親と一緒に通うのをあまりイヤがりません。また、担任の先生や他の大人・カウンセラーに対しても素直に応じ、質問されるがままに自分の恐怖心や緊張感を細かく話す子が多いようです。もちろん、ご本人は「自分のことを詳しくわかってもらった方が治りやすい」と考えているからです。しかし、対人恐怖症の特徴の一つなのですが、話しているうちに自分の感情が顔や動作にまともに出てしまいます。これが対人恐怖症克服の重要なポイントです。対人関係での恐怖心や緊張感を「詳しく話す」という事は、言い換えれば相手に「詳しく知られてしまう」ということです。詳しく知った相手は気遣いから常にその子に会うたび、「恐怖心はどう?」「今は話しても大丈夫?」など、気を遣って言葉をかけてくれるようになります。皮肉なことに、詳しく話したがために、気にかけてくれた子との間でよりいっそう対人恐怖症を意識したり、相手からも意識されることになってしまうのです。自分の対人恐怖症の事情を詳しく話せば話すほど、また、話す相手が増えるほどに余計に対人恐怖症が悪化してしまうという逆効果を招いてしまうのです。

対人恐怖症の裏に他の不安が

「私は対人恐怖症さえ治ればいい。他に心配なことは何もない!」。そう言える子は実際にはあまりおられないようです。対人恐怖症や対人緊張症になった直接的な「きっかけ」は「授業で先生にあてられて、間違った答えを言ってみんなから笑われた」「学校の廊下でクラスメートとすれちがう時、自分のことを見て笑ってた気がする」など、他の子にも起こりうることをきっかけにヒトの目が気になるようになったという方が多いようです。しかし、実際にはその「きっかけ」の前から、不安に思ったり、心配になっていたことがあることが多いのです。「今の成績で高校受験は大丈夫だろうか」「自分は将来どんなことをしたいのか、なかなか決められないなー」といったことが一例でしょうか。また、対人恐怖症になるまで大きな挫折や失敗を味わってこなかった子ほど自分の「うまくいかない事」や「気になる事」といったマイナス面ともとれるような事は、なかなか認めたくないでしょう。やがてその気もちは「漠然とした不安」という形で気にはなっているものの意識から薄れていくのです。

 

アドバイス編

自分のピンチを「罪のないウソ」でのりきる

対人恐怖症には「正直な子」が多く、それ自体はとても良い面なのですが、少し「正直すぎる」ところが要注意。これが解決の第一歩です。当センターでは「罪のないウソ」をおすすめすることが多いのですが、それでも正直すぎる子はなかなか受け入れてくれません。でも、この難局をうまくのりきってくれれば大きく前進します。ウソがつけずに「無理につきあって余計にしんどくなる」「正直に断って気まずくなる」といった発想の転換も一つの方法です。罪のないウソは、「相手を傷つけずに自分を守る」と考えほしいものです。他にも、何でもきっちりと答えすぎず「曖昧な表現」を駆使したり、まえもって自分の使いやすい言葉を用意するだけでも、人づきあいが楽になっていきます。

自分のマイナス面を受け入れたり、ピンチに慣れる!

ずっと順調にきた子ほど、小さなピンチ(不安・失敗など)でもなかなか認めにくいもの。それは、失敗や挫折などのピンチに慣れていないからです。認めたくまい状態が長く続くうち「自分は対人恐怖症だから勉強が手につかない」という意味づけをしてしまうこともあります。そんな時こそ親の出番です。親に対して、自分の思っていることを存分にしゃべれるようになると、少しずつ「安心感・安堵感」が生まれてきます。この安心感が増えてくると、「恥ずかしいけど、親だから言っちゃおうかな」と、少しずつ自分の不安を口にしたり、受け入れたりできるようになってきます。

《対人恐怖症チェックリスト・学校の先生(担任教師)版》

学校の先生からみた「対人恐怖症」チェックリスト診断

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村