心身症タイプの不登校

「心」のストレスが「身体」にでる「心身症」

古くから「病は気から」と言われるように心と身体は密接に結びついていて、互いに影響しあっています。では、不登校の中でも、心のストレスが身体の症状となって現れる心身症はどうして起こるのでしょう。不登校に関連付けながら心身症のメカニズムをご紹介します。

 

「不登校」と「自律神経」

まず、完全不登校になる前に、いじめや学業不振などを経験すると「怒り、憎しみ、悲しみ、恥ずかしさ」といったマイナス感情(心のストレス)がわき上がってきます。それらの感情は大脳の中の辺縁皮質でキャッチされ、すぐ下の視床下部に伝えられます。これらの感情が溜まりに溜まって許容範囲を越えてしまった場合、視床下部に影響を及ぼします。視床下部には二種類の自律神経が集まっています。一つは各器官の働きを活発にする「交感神経」、もう一つはその働きを静める「副交感神経」です。両者は互いに調和をたもつことでうまく機能しています。視床下部でキャッチされた感情が交感神経を刺激することで各器官の働きが活発になるわけですが、この刺激が強すぎると自律神経がバランスを崩し、頭痛、腹痛、下痢など身体の変調をきたしてしまうわけです。

心身症タイプの不登校の子のS.O.S. その1「言いたいこと(本音)が言えない」

心身症タイプの不登校の子には気もちの優しい子が多く、友達と会話したり遊んでいる時はどうしても相手のペースに合わせがち。「しんどいけど誘いをことわったら嫌われるかなー」「わからないことを聞きたいけど、先生は忙しそうだしなー」など、いつも相手中心に物事を考えてしまいます。

こんなタイプの子が口にしにくいのは「不満」「悪口」「ことわり」など相手がイヤがりそうなこと。「不安」「悩み事」なども「相手に心配をかけたくない」と考えて言いにくくなります。言いたいことが言えずにいると、それがストレスとなってドンドンたまっていってしまいます。それが限度を超えると身体の方が悲鳴をあげてしまい、腹痛頭痛に代表される心身症状という形で現れるわけです。特に、最近は「過敏性腸症候群」「過敏性大腸」という言葉がよく使われるようになっています。

 

心身症タイプの不登校の子のS.O.S. その2「本来の自分らしさがわからない」

意外と見落としがちなのがこのポイントです。たとえば、周囲の人には「この子はゆっくりテンポだなー」と映っているのに、当の本人にはそういった自覚が全然ないということがあります。ゆっくりテンポの子は、自分であせっても人からせかされても動きがぎこちなくなったり、自分に合わないテンポやペースで動くだけで失敗がお多くなります。それがわからまま行動していると心(頭)と身体のバランスを崩しやすくなり、それが元で心身症状が出るようになって不登校になってしまうわけです。

同じようなことは「友だちづきあい」にもよく見られます。先生が見かけた時はいつも友だちとニコニコと話をしている。一人ぼっちのことがなく、いつも誰かと一緒に行動している。この子は友だちづきあいは大丈夫だ・・(もちろん不登校の心配もないだろう)。ところが、ここに大きな落とし穴があるわけです。本人は無意識のうちに相手に合わせてしまっているのかもしれないのです。こんな子は顔ではニコニコしていても、心の中では「おもしろくないなー」「なんかしんどいなー」、でも「正直には言えないなー」と思っているかもしれないのです。

 

心身症タイプの不登校 アドバイス編

緊張感が高まる話でもできる子に。「会話の主導権」が対応のキーワード

淀屋橋心理療法センターのカウンセリング治療では「会話」を重視します。子どもさんや生徒さんのペースで会話をすすめることができれば、言いにくいことでも言えるようになり、それだけでずいぶんと気が楽になります(ストレスが発散できる・ストレスが溜まりにくくなる)。そのため、子どもが一言しゃべったら、親や先生は相づちやオウム返し中心で継ぎながら、次に出てくる子どもさんの言葉を待ってみて下さい。心身症タイプの子は「気づかいのベテラン」が多いですから、「相手が気にしそうなこと=強い緊張感」と感じるため言いにくいのです。根気づよくつきあっているうち「勉強がわからないから学校に行きづらい」「友だちに気をつかってしんどい」などの「マイナス感情」が出てきたら大成功。感情を出し慣れていない子は、マイナス感情を口にするだけでも強い緊張感を味わいますが、緊張感は「避ける」より「慣れる」ことで免疫力をつけることができるのです。それだけでも不登校の子が再登校できるようになるケースが少なくありません。

一方、返事が待ちきれず親や先生が次々と質問したり、「なぐさめ・はげまし」の対応中心になったら逆効果。会話が途切れたり主導権が親や先生にうつってしまい、会話は続くものの、会話の内容は「自分の言いたいこと」ではなく「質問されたことに答えているだけ」になってしまいます。

 

自分の得手・不得手をしっかりと認識し、自分らしくふるまえる子に

心身症タイプの子が不登校のカウンセリングにやってきた時、当センターでは親御さんへの対応のアドバイスと共に、本人にも自覚をうながすアドバイスをお出ししています(もちろん、子どもさんは来所せずに、親御さんへの対応のアドバイスだけで再登校できるケースの方が多いです)。たとえば、仕事から帰ってきた親が「今日は何してた?」と質問したとします。すると本人は「うーん・・・ちょっと勉強して・・本屋にいって・・」と、緊張した面もちで話すため、なかなか話が先に進みません。そんな時「じっくり考えてゆっくり話すのが○○の持ち味だからね。その調子でいいよ」と、自覚をうながすと同時に、自分らしくふるまって良いことを伝えてあげます(担任の先生も同様です)。すると、回を重ねるごとに本人の口数が増えてきたり、リラックスした感じで会話ができるようになってきます。本人の口数が増えてくると再登校のチャンスも増えてきます。

もちろん、友だちに対する気づかいは性格とも言えますから、なかなか減らすことはできませんが、自分の持ち味がわかり、親や先生に対して自分らしく気軽にふるまえるようになるだけでも症状や不登校から立ち直るきっかけとなる場合が多いのです。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(所長・精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村