不登校専門カウンセラーご紹介

不登校専門外来カウンセラー ご紹介

小川和夫 (1965年 生) 

不登校・非行問題研究室室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー

 

著書よくばり保健ライフ 第三集(インタープレス社)よくばり保健ライフ 第三集

 

カウンセリングのスタイル

「見守りましょう」「自立を待ちましょう」といった消極的なカウンセリングでもなく、伝統的な「聴くだけ」のカウンセリングではなく、一人ひとりの不登校の子の性格やタイプをしっかりと分析した上で、具体的なアドバイスをお出しし、不登校の早期解決を第一に考えています。そのため、他所のカウンセリングに比べて二倍に近い「120分枠」の時間をおとりしてカウンセリングにあたっています。また、他所のカウンセリングに相談された親御さんが驚かれるのですが、心理カウンセラーにしては珍しく、よくしゃべりますし、静かなカウンセリングではなく「話が盛り上がるカウンセリング」になっています。そのため、「ざっくばらんに相談したい」「気軽な感じでカウンセリングを受けたい」という親御さんとは相性が合うようです。

不登校の子によっては、まれに来所を嫌がらない子もおられます。その場合は「家庭内暴力」など一部のご相談をのぞき、親御さんと相談の上で来所していただくことがあります。そんな場合でも、私の性格でしょうか、子どもさんが小学生・中学生・高校生を問わず、たいていは「あのなー、お母さんなー」とか「めっちゃ○○やねん!」など、「ため口」で話していただけます。

伝統的なカウンセリングに一石を投じるという意識はないのですが、「聴くだけのカウンセリング」や「見守りましょう」「自主性を尊重しましょう」というコンセプトのカウンセリングは私には似合いません。思いついたアイデアは初回面接であっても惜しまずどんどんアドバイスします。また、せっかく時間やお金をかけてカウンセリングに通っていただくわけですから、親御さんにも自由に語っていただき、時には子どもさんやお父さん・担任の先生に対するグチをこぼしていただきつつ、「この子はどんな手を打てば早く解決(再登校)するだろう」「すぐに一限目から再登校できないから、別室登校や放課後登校からスタートしてはどうだろう」「担任教師にもっと協力依頼や情報提供をもらって方がいいんじゃないか」など、考えられる範囲・できる範囲での最善策を考えています。

なにより大事なのは、淀屋橋心理療法センターに来所されるまでに色々と試行錯誤して対応されたり、他所での相談機関やカウンセリングを受けても効果が上がらなかった親御さんの努力が報われることです。不登校の相談に来所された親御さんにこれまでの対応をお聞きすると、叱咤激励したり、様子を見たりと、さまざまな試行錯誤を繰り返してこられたのがよくわかります。それでも再登校できないから当センターに来所された親御さんがほとんどなのです。また、万が一、懸命に努力されて再登校できた場合、再登校した後も「必死な対応をとり続ける」というのは難しいでしょう。他にも、いろいろ努力したけどダメだったと、苦労や努力が報われずに気落ちしてしまわれている親御さんをたくさんみてまいりました。

私どもは「意外と省エネ対応(頑張りすぎない対応)の方が子どもへの効果も上がりやすく、その対応の方が続けやすい」ということを経験上でわかっています。最初はしんどいですが、最終的には「こんな楽な対応でいいんだ」と思っていただける対応が親御さんのストレスも少ない上に、今後も継続して対応していただけるベストな対応だと考えています。

このようなスタイルのカウンセリングが合いそうだと感じていただける親御さんは是非ご相談下さい。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

不登校専門外来カウンセラー 小川和夫