【小学生の不登校】新学期になっても行き渋る子

【新学期になっても登校を渋る小学生のカウンセリング】

「一学期は不登校だったものの、夏休みには友だちとも遊んだりしながら楽しく過ごしたことだし、宿題もなんとか始業式までに終えたし、これなら新学期からは登校できるのでは・・。なのに・・」。このように、「新学期をきっかけに何とか再登校を!」というご両親の期待があっさり外れてしまうことは意外と多いものです。

そもそも「ゆっくり休めば」「勉強の遅れを取り戻せれば」「友達と遊べたら」登校できるだろうという発想は両親だけでなく、誰もが期待することでしょう。また、よくあるカウンセリングでも「様子を見守りましょう。子どもがその気になれば登校できますよ」という考えにも近いかもしれません。たとえば、このような親御さんのことを「(再登校の)期待タイプ」と呼ぶことにします。

一方、淀屋橋心理療法センターでお勧めしている対応は「(再登校の)期待」よりは、「(再登校に際して)不安に思っていることをどれぐらい親に打ち明けられるか」なのです。

夏休みのような長期休暇は、不登校の子にとっては「骨休み」というよりは「不安なことを考えなくてもよい時期」と考える子が多いようです。だからこそ、新学期が近づいてくると一気に不安が襲ってくるわけです。不登校のカウンセリングでは、このような不登校の子どもの心理状態の変化を敏感に察知したり、予測することで、新学期直前の適切な対応は何かということを考えます。

一ついえることは「新学期から登校するから」「新学期からは頑張るから」という前向きな発言に注意することです。子どもは親の気持ちを察して、本音ではなく気遣いで前向きな発言をしている可能性があります。また、前向きなことを言っておかないと親から責められる・急かされるということを避ける手段として「前向き発言・前向き宣言」をする子が意外と多いのです。

不登校のカウンセリングでは、「決して子どもさんの前向き発言や宣言はアテにしないように」と釘をさします。もちろん、前向きなことを言ってほしいというご両親の気持ちはわかります。しかし、前向き発言をすることでかえって登校しにくくなるという子も多いという現実を受け止めてください。とりわけ、「気遣いの多い子」には要注意です。

子どもの発言する内容が「本音」なのか「建前」なのかは、不登校のカウンセリングを進めていく中で、子どもさんの性格がわかってくれば判断がつきます。

何より、「行き渋る」ということは、「登校する気はある。でも、○○が気になる」といった不安が必ずといってよいほどあるのです。特に小学生の行き渋りはデリケートに対応してあげる必要があります。学年が低いほど、表現力も乏しく、なかなか言いたいことが言えません。そこは「小学生だから」と割り切って、丁寧に聞いてあげた方が良いでしょう。「行き渋りの理由」=「本音」が語れるようになれば、不登校自体の解決も近づいてきます。特に小学生のうちは「担任の先生が怖い・いじわるな子が怖い・勉強がわからない・給食が全部たべられない」といったシンプル理由が多いということもあり、周囲(担任教師やクラスメート)の協力が得られれば短期解決も期待できます。

「本音や不安を語れれば語れるほど、不登校に対する不安が軽減し、再登校へのモチベーションがあがる」のです。小学生のうちは、中学生・高校生に比べて本音を引き出しやすいと思います。両親だけでの対応がご心配でしたら、当センターの不登校専門外来にご相談下さい。小学生から大学生までのご相談を担当している専門カウンセラーが、丁寧にお話をうかがい、解決の見通しを説明させていただきます。

 

淀屋橋心理療法センター(https://www.yodoyabashift.com/)
所在地:大阪府豊中市寺内2-13-49 TGCマンション第8-201
交通手段:新大阪・大阪駅から地下鉄御堂筋線→北大阪急行線にて「緑地公園駅」下車。

所長 福田俊一(精神科医・神経科医・心療内科医)

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)