「母親は仕事を辞めた方が良いんでしょうか?」

不登校の相談に限らず、最近は仕事をされているお母さんが増えてきているようです。そんな中で我が子の不登校問題が!。事前相談など比較的早い段階で質問される中で多いのは「不登校は母親が仕事をしているのが原因でしょうか?」「再登校させるためには仕事を辞めて家にいてやった方がいいでしょうか?」といった「仕事」に関するご相談です。

実際、仕事をしながらでも熱心にカウンセリングに通われた結果、子どもさんが再登校しだしたというケースはたくさんあります。そして、仕事をされているお母さんとカウンセリングを進める中で、「仕事内容や勤務時間によってはメリット・デメリットがある」ということがわかってきました。

仕事のメリットは何といってもお母さんの「リフレッシュ(気分転換)」です。一日中ずっと不登校の子と顔をあわせていると、どうしてもお母さん自身にストレスがかかり、それが顔にでてしまったり、子どもの反感を買うような発言をしてしまったり・・。必ずしも一緒にいる(家にいる)時間が長い方が早く再登校できるとは限らないようです。仕事でリフレッシュし、限られた時間に集中して対応される方が効果的なこともよくあります。

一方、仕事を続けるデメリットもいくつかあります。正社員・フルタイムなどで、朝早く出勤し、夜遅くに帰宅されるようなお仕事は、子どもさんと接する時間が短い上に、家事や色々な事に追われがちに。「ゆとり」をもって話をすることができない場合が多いようです。また、お仕事そのものがストレスのかかるものであったり、仕事一途なお母さんの場合、家に帰ってきても頭の中は仕事のことが中心になりがちに。そんな中で子どもさんと接しようとすると、ついイライラしてしまったり、すぐに結論に結びつけるような話し方になってしまうお母さんが多いようです。

もちろん、経済的な理由で仕事をされているお母さんも多いと思います。そんな場合は上記のメリット・デメリットをご参考の上、対応してみて下さい。また、当センターの不登校のカウンセリングでは、第三者の視点から親子関係を観察させていただき、子どもさんに合った理想的な接し方や会話の進め方などを具体的にアドバイスさせていただきます。

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来担当 心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村