不登校の子どもさんの夏休み (アスペルガー 発達しょうがい)

淀屋橋心理療法センターではアスペルガー、発達しょうがいの子どもさんにとって大事な事は子どもをよくみるということです。

私自身が子どもを持つ親として気づかされた事ですが、親は一番身近にいるので子どものことをわかっているつもりでいます。その親の視点や思い込みで判断していてはなかなか上手くいかないのです。

アスペルガー、発達しょうがいの子どもさんは親からは想像もできないような所でつまずいたり、予想外の考え方をしていたりするからです。

まずその先入観を捨て子どものことを客観的にみることが大事です。それには第三者である淀屋橋心理療法センターのカウンセラーがプロの目でそのお子さんの性格や傾向をお母さんと一緒にみつめ直していきます。

不登校の子どもさんでお悩みの親御さんにとって夏休みは対応の工夫を色々試していただくチャンスでもあります。