怒りっぽい(発達しょうがい アスペルガー)

18歳のG君は新しいスマートフォンが発売されるのを心待ちにして発売日直後にショップに購入に行きました。案の定長蛇の列です。やっと順番が来て契約手続きです。アスペルガーと言われている彼は事前にしっかり調べ上げているので手続きはとても順調に進みます。

一方、隣のブースで手続きしている親子は全く初歩的な質問を繰り返し、ショップ店員も一から長々と説明しています。「そんな事も知らないなら買っても使えないだろう。並んでいる人に迷惑だ」と自分には全く関係ないことなのにG君は怒りがこみ上げてきて抑えるのに必死です。

「みんなが詳しいわけじゃないんだよ。何もわからず買いに来ている人も大事なお客さんだから、それはそれでいいんだよ」と言うお母さんの正論はわかっていても、やはり怒りの気持ちの方がむくむくとわき上がり、今にもその辺のものに当り散らしそうな雰囲気です。

「知識が無いならもっと空いてから他の人に迷惑にならない時期に買いに来い」というのがG君なりの正論なのでしょう。

こういう事が度々あるそうです。「この子が一人で外にいる間は気になって仕方がないのです」とお母さん。G君のこのエネルギーが良い形で発揮され、世間を上手く渡っていけるようにアドバイスをしていくことが我々の役目だと思っています。

淀屋橋心理療法センター

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村