高校生の不登校・留年ギリギリの時の親の対応

毎年、9月10月になると、留年間際の高校生の不登校のカウンセリング相談が増えてきます。  

新学期がはじまって一学期の間、安定した登校ができず、いわゆる五月雨(さみだれ)不登校で登校してきた場合、だいたい9月から10月あたりが「留年決定」の決断が下される時期です。これは高校生の不登校に限った場合ですが、この時期に高校生の不登校のカウンセリング相談が増えてきます。「留年ギリギリだけど、なんとかならないでしょうか」「様子を見守っていたら、欠席がどんどん増え、留年が危ないと言われました」など、留年の決定ギリギリになってかけこみ相談(カウンセリング)に相談の電話をかけてこられる方が一気に増えてきます。

来所されたご両親にきいてみると「様子を見守りましょう」「登校刺激は逆効果です」など、他のカウンセリングや相談機関(公的機関)にアドバイスされ、色々と言いたい気持ちを抑えてこられたご両親は多いと思います。特に「登校刺激は逆効果です」「親が過保護・過干渉・心配性すぎると子どもさんに悪影響です」と言われる親御さんも多いと聞きます。

 

【淀屋橋心理療法センターの不登校カウンセリングの独自性】

淀屋橋心理療法センターでは、世間一般の「無難な対応」ではく「積極的で具体的な対応で、早期に再登校」をめざした対応に心がけています。不登校のカウンセリングを依頼されるご両親はカウンセラーに不登校の子を委ねる(預ける)という方も多く、いまでもカウンセリング手法の中心は「個人カウンセリング」のようですが、当センターは「家族療法」を当センターなりにアレンジした「淀屋橋心理療法センター流」のカウンセリングです。つまり、不登校の子を相手にカウンセリングするのではなく、両親への対応のアドバイスが中心なのです。

 

【ギリギリタイプの子の特性を利用する】

夏休みの宿題をするのもギリギリ、毎日の夕食時や入浴時間もギリギリ・・・。これは一例ですが、ギリギリタイプの子ならば、ギリギリタイプの子なりの対応があります。これは対応のコツであり、不登校子自身の性格に近いものだとお考え下さい。

「ギリギリタイプの子にはギリギリタイプの子に合った動き方や親の対応の仕方もある」

これが私どもの経験に基づく考えです。その子の性格や特性を見誤ってしまうと当然いくら対応しても報われないでしょう。そんな場合は不登校のカウンセリングのプロにお任せ下さい。何より、カウンセリングが始まると、対応の主役は親御さんになります。親御さんに対応のコツを伝授(アドバイス)するのが私どもの主な役割なのです。

真剣に不登校の解決をお考えならば、無料の事前相談をご利用いただいたり、お急ぎの場合(数日で留年決定の場合は解決の可能性はケースバイケースになります)は、初回面接からスタートしてください。事前相談では、当センターではどんなカウンセリングなのか、カウンセラーは信用できそうか・相性が良さそうかなどがご確認いただけます。初回面接からスタートすれば、一回目から経験に基づき、わかる範囲からアドバイスさせていただきます。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)