不登校の子の「寝落ち」と「登校不安」

今やスマホやタブレット、PSPや3DSに代表されるポータブルゲーム機は一人に一台は当たり前。一人で何台も持っている子もたくさんおられます。いずれもゲームやネット動画が観られる上、どれも小型なのでどこにだって持ち歩けます。自分の部屋に持ち込んでしまわれると、親も「いったい何時まで何をしているのか・・」と子どもの就寝時刻や状況がわからなくなってきています。さらに、不登校のカウンセリングでも「ゲームや動画だと思うんですが、部屋には入れてくれないので何時間やっているかわかりません」と、子どもとの接点が減る上、子どもの事で「わからない」ことが多くなり不安になっておられる親御さんが多くなっています。

翌朝、子どもを起こしに行くとパソコンがつけっぱなしだったり、スマホが布団の中から出てきたりすることで、「あー、寝るまでずっとパソコンやスマホばっかりやってたんだ」と気づくのです。しかも、この状況から察するに、どうやら眠たくなる寸前までゲームやLINEなどをやっていたことがわかります。

このように夜中遅くまでゲーム・ネット動画・LINEなどし、そのまま眠ってしまうことを「寝落ちする」と言います。ネット用語としてよく使われているようです。ここまでくれば立派な「ネット依存・ゲーム依存・スマホ依存」と言えるでしょう。

しかし、不登校の子が寝落ちするまでネットやスマホをするのは、不登校でない子とくらべて少々事情(心理状態)が違ってきます。

不登校の子や不登校気味の子は、夜が更ければ更けるほど翌日の登校のことが頭をよぎるようになります。そうです、夜が更けるほど登校不安が強くなるのです。不登校の子はこの登校不安を消そうとしたり、紛らわせようとしてネットやLINEにふけるのです。これが不登校の子のネット依存・スマホ依存の正体とも言えます。不登校のカウンセリングの相談に来られている子どもさんのほとんどが、このネット依存・スマホ依存であると言っても過言ではありません。

ただし、寝落ちするまでゲームやLINEをつづけても登校不安そのものの解決や解消にはつながりません。あくまで一時しのぎなのです。本格的に解決するにはどうしても親御さんの協力が欠かせません。不登校のカウンセリングでは、単にネットやスマホの時間を制限したり、禁止したり、取り上げるといった対応ではなく、登校不安そのものについて相談できる親子関係を築くためのアドバイスをお出しします。

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

【不登校】新学年で「ぼっち」になって不登校に

「ぼっち」は「ひとりぼっち」の省略形。中学生や高校生の子が「ぼっち」を口にしたら不登校の一歩手前の危機的状態かも!

新しく中学校や高校に入学する時は知らない子が多く、「友だちできるかなー」という子どもさんの不安は大きくて当たり前。しかし、それは他の子(同級生)についても言えることです。互いに不安をいただきつつ、次第に部活動が一緒になったり性格や趣味の合う子が見つかって友だち関係を築いていくものです。

しかし、中学2年から3年に学年が上がる時のような「新学年」「学年の変わり目」「ぼっち」になってしまうと、とても大きな苦痛を感じる子が多いようです。前の学年のクラスで親しい子がたくさんいたり、親友と呼べる子ができたのに、その子たちとクラスが離れてしまうと、最悪「始業式の翌日から不登校」ということも!。それぐらい、子どもさんにとって「どんな子がクラスメートになるのか」は一大事なのです。

親として元々「不登校になるのでは?」と不安を抱いておられた方だけでなく、元々不登校の心配などなかった子でも急に不登校になることもあるのです。日頃から「友だちと離れたー! ぼっちやー 学校いややー」と愚痴れている子ならば親御さんもSOSのサインをキャッチしやすいかもしれません。しかし、元から口数の少ない子ならば、「俺、ぼっちやし・・」とぼそっと一言ささやくだけかもしれないのです。それだけで不登校に・・。どうか、この「ぼっち」発言にだけはアンテナを張っておいてください。

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

【不登校】入学前の登校宣言にご用心!

不登校の子にとって「学年の変わり目」再登校の大きなきっかけに役立ちます。

一方、中学校や高校に入学するのも学年の変わり目には違い有りませんが、注意しなければならない点がいくつかあります。その筆頭は何といっても「新しい環境で心機一転頑張る!」と宣言する子です。これまで不登校状態が続いてきたものの、中学入学を機に「新しい友だちができるかもしれない」、高校入学を機に「自分の不登校を知らない子たちばかりだからやり直しやすい」といった気持ちからなのでしょう。

確かに環境が変わるというのは大きなチャンスですが、一方、新しい環境になじめるかどうかという不安があるはずです。公立高校の後期受験日よりも前に高校が決まった子なら、入学までに日数がある分、「現実的な不安」よりは「こうありたい」という願望の方が頭をよぎりやすいものです。中学校に入学する子も、「やっと卒業できた。苦い経験でいっぱいの小学校ともおさらばだー」という感じでしょうか。

つまり、「登校宣言」=「実感が湧く前に抱いている願望」と理解した方が良さそうです。そんな場合は、入学式が近づくにつれ子どもさんの口が重たくなったり、生活リズムが逆転したり、イライラ・そわそわするといった現象が現れることもあります。そうです!、入学式が近づいてきてやっと「現実」がわかってきたのです。

登校宣言を耳にした親御さんは、「宣言までしたんだから、きっと行ってくれるはず!」と信じておられるかもしれませんが、子どもさんの態度が変わってきたら要注意!。入学式が近づくほど不安が強くなってきたのかもしれません。これまでの「登校宣言」は棚に上げ、入学直前の子どもさんの気持ち(本音・不安)に耳を傾けてあげて下さい

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村