【不登校】新学年で「ぼっち」になって不登校に

「ぼっち」は「ひとりぼっち」の省略形。中学生や高校生の子が「ぼっち」を口にしたら不登校の一歩手前の危機的状態かも!

新しく中学校や高校に入学する時は知らない子が多く、「友だちできるかなー」という子どもさんの不安は大きくて当たり前。しかし、それは他の子(同級生)についても言えることです。互いに不安をいただきつつ、次第に部活動が一緒になったり性格や趣味の合う子が見つかって友だち関係を築いていくものです。

しかし、中学2年から3年に学年が上がる時のような「新学年」「学年の変わり目」「ぼっち」になってしまうと、とても大きな苦痛を感じる子が多いようです。前の学年のクラスで親しい子がたくさんいたり、親友と呼べる子ができたのに、その子たちとクラスが離れてしまうと、最悪「始業式の翌日から不登校」ということも!。それぐらい、子どもさんにとって「どんな子がクラスメートになるのか」は一大事なのです。

親として元々「不登校になるのでは?」と不安を抱いておられた方だけでなく、元々不登校の心配などなかった子でも急に不登校になることもあるのです。日頃から「友だちと離れたー! ぼっちやー 学校いややー」と愚痴れている子ならば親御さんもSOSのサインをキャッチしやすいかもしれません。しかし、元から口数の少ない子ならば、「俺、ぼっちやし・・」とぼそっと一言ささやくだけかもしれないのです。それだけで不登校に・・。どうか、この「ぼっち」発言にだけはアンテナを張っておいてください。

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

【不登校】入学前の登校宣言にご用心!

不登校の子にとって「学年の変わり目」再登校の大きなきっかけに役立ちます。

一方、中学校や高校に入学するのも学年の変わり目には違い有りませんが、注意しなければならない点がいくつかあります。その筆頭は何といっても「新しい環境で心機一転頑張る!」と宣言する子です。これまで不登校状態が続いてきたものの、中学入学を機に「新しい友だちができるかもしれない」、高校入学を機に「自分の不登校を知らない子たちばかりだからやり直しやすい」といった気持ちからなのでしょう。

確かに環境が変わるというのは大きなチャンスですが、一方、新しい環境になじめるかどうかという不安があるはずです。公立高校の後期受験日よりも前に高校が決まった子なら、入学までに日数がある分、「現実的な不安」よりは「こうありたい」という願望の方が頭をよぎりやすいものです。中学校に入学する子も、「やっと卒業できた。苦い経験でいっぱいの小学校ともおさらばだー」という感じでしょうか。

つまり、「登校宣言」=「実感が湧く前に抱いている願望」と理解した方が良さそうです。そんな場合は、入学式が近づくにつれ子どもさんの口が重たくなったり、生活リズムが逆転したり、イライラ・そわそわするといった現象が現れることもあります。そうです!、入学式が近づいてきてやっと「現実」がわかってきたのです。

登校宣言を耳にした親御さんは、「宣言までしたんだから、きっと行ってくれるはず!」と信じておられるかもしれませんが、子どもさんの態度が変わってきたら要注意!。入学式が近づくほど不安が強くなってきたのかもしれません。これまでの「登校宣言」は棚に上げ、入学直前の子どもさんの気持ち(本音・不安)に耳を傾けてあげて下さい

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

【不登校】高校受験・入試を控えた中学3年生

中学3年生にとって3学期は高校受験・高校入試を控えた大事な時期です。高校受験や入試の不安が強すぎて不登校になる子もいれば、高校受験や入試の不安から逃げたくて非行に走ってしまう子もいます。受験・入試の不安やストレスがどんな形で現れるかは、その子の性格によって違ってきます。

詳しくは淀屋橋心理療法センターの「不登校のタイプ別対応の仕方」をご覧下さい。「いじめ不登校」「心身症タイプの不登校」「非行タイプの不登校」「対人恐怖症タイプの不登校」など、いろいろなタイプの不登校の子について、その子の特徴と対応のアドバイスを紹介しています。

高校受験を控えた時期に不登校に!。親御さんにとって、まずは「焦り」が頭をよぎるでしょう。「まさか、このまま受験しないつもりじゃ・・」「早く再登校させなくっちゃ!」と、不登校になった理由や原因よりも、再登校させる事ばかりで頭がいっぱいになる親御さんも多いと思います。ところが、当センターのカウンセリングでも、焦って強く登校刺激をした結果、いっそう親子の関係が気まずくなったり、親と口をきかなくなったケースをたくさんみかけます。強くプュッシュして功を奏すれば良し、そうでなければ別の対応策を急がないといけないかもしれません。

淀屋橋心理療法センターのカウンセリングでは「不安が強い」ということは「不安を引き出す=不安な胸の内をしゃべらせるチャンス」だと捉えています。中学1年や2年の時に不登校になった場合、少なくとも「進級はとりあえずできる」という気持ちがあり、中学3年のこの時期よりは焦りが少ないでしょう。

不安や焦りが強い時期(高校受験)だからこそ、カウンセリングでアドバイスをうけた対応をとることで早く解決できる場合があるのです。これは中学1年や2年の頃から不登校を繰り返していたり、中3の1学期や2学期から不登校になってしまった子の場合にも当てはまります。高校入試(受験)は私立高校では早いところで1月下旬から始まります。その前に、高校受験用の「入学願書」を書いたり提出したりと、忙しい時期です。「大事な時期に不登校になったから高校受験を諦める」のではなく、「この時期に不登校になったのだから、この時期ならではの不安を抱えているはず!。親子でなんとしても乗り切ってやる!」ぐらいの気持ちをもっていただけますとカウンセリングも進めやすくなります。

 

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

新年は1月6日(月)から診療いたします。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

このブログを立ち上げてもうすぐ一年になります。

昨年の12月は「かけこみ事前相談」が急に増え、次々と予約をとっていただきました。

そのため、1月前半はすでに予約がほぼ一杯の状況です。ちなみに、土曜日はご希望の方が最も多く、予約上限ギリギリの二ヶ月先まで予約で一杯です。

1月は少ないですが空きがございますので、「三学期のうちにはなんとか再登校を」の方は元より「三学期になっても再登校する気持ちがないみたい」「三学期になって急に不登校になった」など、不登校のご相談ならどんなケースでも大歓迎です(注1)

(注1)親御さんのモチベーション・親中心の来所・親子の会話が少しでもあるなど、多少の条件がございます

ぜひ、親御さんが「再登校を諦める・その気になるまで待つしかないか」といった無気力・受け身になる前にご相談下さい。このようなケースは、いくらアドバイスをお出ししても効果が上がらない場合があります。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

冬休み直前の放課後登校・別室登校の不登校の子。どこまで頑張らせれば良いか

引用

完全不登校だった子がようやく「別室登校(保健室登校・会議室登校・カウンセリングルーム登校)」や放課後登校をするようになりました。しかし、もうすぐ二学期終業式(冬休み)

終業式・冬休みに入るまでに少しでも登校できる時間を増やすのか、それとも、終業式までにはなんとか教室登校できるように説得したり働きかけるのか。親や担任教師もとても悩むところでしょう。不登校のカウンセリングでも、学期の終わり間際にはこのようなご相談が多くなります。

これは不登校の子の学年や、放課後・別室登校をはじめてからの日数、それまでに出会っているクラスメートの人数などによって、大きく変わってきます。小学生、特に低学年の場合は、クラスメート(友達)とたくさん会えて気軽に話せたり遊べる段階までこぎつけているならば、終業式前・冬休みに入るまでにできる限り登校時間を増やしたり、教室登校できるように働きかけた方が得策の場合もあります。うまくいけば冬休みもその流れで友達と遊ぶことによって新学期の登校がスムーズにいく場合もあります。ただし、クラスメートとの関係が気軽なところまでに至っていなかったり、授業に出たとたんに緊張したり、ストレスを感じることが予想される場合は慎重に判断しなければなりません。不登校のカウンセリングでは、周囲(親・教師)が焦ったり、期待しすぎてかえって後退してしまう子の事例が後を絶ちません。不登校カウンセリングでは、そのあたりの駆け引きはとても慎重に考えます。

また、小学校高学年や中学生・高校生の不登校の場合は、別室登校や放課後登校をしていても、小学校低学年の子以上の配慮が必要です。いっそうデリケートな考え方をする時期・年頃(思春期)になりますので、別室に来てくれた子とニコやかに話しているからといって「なじんできている・楽しんでいる」とは限らないのです。思春期に入ると「気遣い」や「社交辞令」という意識も生まれてくるからです。

また、新学期(三学期)のスタート(始業式)は親も教師も不登校の子も「二学期の終わりにここまで頑張れたんだから」という意味で、新学期のスタートは二学期の終わり方以上の登校パターンを期待すると同時に、不登校の子自身は「二学期より頑張らなくっちゃ」と、「義務感」を感じてしまいます。これは、不登校専門外来を設け、たくさんの不登校の子のパターンを観てきたカウンセラーだからこそわかることかもしれません。

二学期に別室登校や放課後登校ができるようになったならば、冬休みのブランクを考慮し、三学期の好スタートを期待するだけでなく、「冬休みで二週間ほどブランクが空いたから、二学期の終わりのままの登校状況から新学期をスタートするのは難しいかも」という考え方も大事なのです。そこはしっかりと専門のカウンセラーと相談しながら段取りをつけられることをお勧めします。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(心療内科医・精神科医・神経科医)

担当 小川和夫(不登校専門外来カウンセラー)

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【小学生の不登校】新学期になっても行き渋る子

【新学期になっても登校を渋る小学生のカウンセリング】

「一学期は不登校だったものの、夏休みには友だちとも遊んだりしながら楽しく過ごしたことだし、宿題もなんとか始業式までに終えたし、これなら新学期からは登校できるのでは・・。なのに・・」。このように、「新学期をきっかけに何とか再登校を!」というご両親の期待があっさり外れてしまうことは意外と多いものです。 続きを読む

【不登校のカウンセリング】新学期からの再登校は親の積極的な対応で勝負

【不登校のカウンセリングの原点】

不登校のカウンセリングでは、新学期や学年の変わり目は不登校解決の絶好のチャンスです。それは、不登校の子の中には「キリの良さ」を機に再登校しやすい子が多いからです。 続きを読む

【不登校】親の対応で「夏休み」を有意義に過ごし新学期の再登校へ

<夏休み>を親の対応で新学期からの再登校のチャンスに!

子どもが不登校の場合でも、夏休みといえど新学期からの再登校を考えると親としてはオチオチ休んではおられません。一学期の間に対応で疲れ果ててしまったご両親も多いでしょうが、夏休みは生かし方によって新学期からの再登校につなげる絶好のチャンスなのです。 続きを読む