【不登校】川崎市・中1少年殺害事件。担任教師の対応は?

新学期から不登校になってしまい、ついには殺害されてしまったU君。私ども不登校・非行の専門カウンセラーとしては、色々なことが気になります。今回は「朝日デジタル 河井健氏・筆、2015年2月25日07時41分発信分)」の記事を引用させていただき、まずは「担任教師」の対応について、私どものカウンセリングで関わりがあったり、お世話になった先生方との比較をしてみたいと思います。※決して担任の先生(学校)を批判するものではありません。

 

【かっこ】内は記事の原面をそのまま引用しています。

【冬休み明けの1月8日から不登校になった。担任は同日、母親の携帯に電話。】

→「携帯に電話」というのは本人の前では話しにくいこともあるのかもという配慮があったかもしれません。実際、家の固定電話に電話をすると子どもが近くにいるため、あまり多くを・正直に語れない親御さんもおられます。また、ごく稀ですが、子どもさんが学校を休み始めて数日して「月曜から来てないんですが・・」と担任から電話があり、それで子どもの不登校を知るお母さんも・・。最近は仕事をもっておられる親御さんも多く、登校したフリをして親の出勤後にこっそり家に戻ってくる子もいるのです。

 

【その後も毎日のように自宅や母親の携帯に電話を続けた。】

→「毎日のように電話」というのはなかなかできないのでは?。当センターのカウンセリングでは特別な事情がなければ「毎日の電話」は大歓迎です(母親を通じてお願いすることもよくあります)。実際のところ毎日お電話くださる先生は少なく、休みが長引くほどに電話がなくなってしまうこともしばしばです。不登校のカウンセリングでは、先生の空き時間を狙って親御さんの方から電話していただいたり、学校に足を運んでいただくこともよくあります。ただ、今回の担任の先生の電話の回数は「34回」。決して少なくないという印象です。

さらに、お母さんがおっしゃった「学校を休む理由」も気になります。数ある理由の中でも「本人と連絡がつかない」。ということは「連絡がつかない=家にいない」ということだったのでしょうか?。

 

【学校からは事件までの対応について報告を受けておらず、不登校児や保護者を支援するスクールソーシャルワーカーの派遣要請も受けなかった】

→不登校の子が何日休んだら教育委員会に報告すべきなのか、残念ながら詳しい規則は知りません。ただ、一週間や二週間生徒の欠席がつづいた場合に教育委員会に報告すれば、適切な対応をとってくれるのでしょうか?。少なくとも大阪などの都市部ではクラスに1人か2人不登校の子がいる場合もあります。その度にスクールソーシャルワーカー(S.S.W.)を派遣してくれるのか・・。長年不登校のカウンセリングを担当していますが、週に一回か二週間に一回程度スクールカウンセラーが学校に来られ、相談ができるという仕組みはよくお聞きするのですが、スクールカウンセラーの先生が家庭訪問して下さる例は本当に少ないと思います。

いずれの場合も、中学1年生の段階ではまだまだ担任の先生の役割は重要であり、身近な相談相手でしょう。今回のケースでは、現時点での報道をみる限りでは、「親身に・マメに」対応されていたような気がいたします。もちろん、今後の報道の行方によって、判断は変わるかもしれません。

(出典元:朝日デジタル 河井健氏・筆、2015年2月25日07時41分発信分)

 

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)←クリック!

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村←クリック!。ランキングアップにご協力ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

【不登校】気遣いの強い子への家庭訪問の注意点

不登校で自宅や自室にひきこもっている子にとって、友だちや担任の先生の家庭訪問はとても有り難いものです。中には、いくら友だちや先生がきてくれても会うのを拒否する子もいますが、気づかいの多い子は、すんなりと会えたり、自室に入ってこられるのを拒否しない子が比較的多いようです。この傾向は当センターの不登校のカウンセリングではとても顕著です。

しかし、気づかいの強い子が友だち(クラスメート)や担任の先生と会えた・話せたからといって親としては手放しで喜ぶことはできないのです。「本当はイヤだけど、断ったら悪いから・・」と、「気づかい」という性格がなかなか「ノー(No)」と言わせてくれないのです。友だちや先生も嫌がらずに会ってくれている不登校の子を前にすると、ついつい話が長くなったり、「この雰囲気なら一押しすれば登校するかも・・」と期待を抱いてしまいがちに・・。

これは結果をみれば明らかです。努力が無事に実を結んで再登校できれば万々歳!。ところが、先生や友だちが帰るや否や部屋から出てこなくなったり、「登校する」と約束した日の朝になると「お腹が痛い・・」と結局、休んでしまうことに。

いわゆる「心身症タイプ」の子は「気遣いの名人」です。見た目やその場の発言(=建前)と本音が違うことはよくあることです。

不登校のカウンセリングでは、友だち(クラスメート)や担任の先生の訪問は是非ともお願いしたいことの一つです。ただし、対応の「さじ加減」ひとつで結果が変わってしまうだけに、しっかりとプランを練っておく必要があります。カウンセリングでは、まずカウンセラーと親御さんが、不登校の子どもさんの特性や性格を踏まえ、訪問していただくなら、「どんな話題から・どれぐらいの時間・何人ぐらいで・・」など、綿密に相談した上で実行します。

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来担当 心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

冬休み直前の放課後登校・別室登校の不登校の子。どこまで頑張らせれば良いか

引用

完全不登校だった子がようやく「別室登校(保健室登校・会議室登校・カウンセリングルーム登校)」や放課後登校をするようになりました。しかし、もうすぐ二学期終業式(冬休み)

終業式・冬休みに入るまでに少しでも登校できる時間を増やすのか、それとも、終業式までにはなんとか教室登校できるように説得したり働きかけるのか。親や担任教師もとても悩むところでしょう。不登校のカウンセリングでも、学期の終わり間際にはこのようなご相談が多くなります。

これは不登校の子の学年や、放課後・別室登校をはじめてからの日数、それまでに出会っているクラスメートの人数などによって、大きく変わってきます。小学生、特に低学年の場合は、クラスメート(友達)とたくさん会えて気軽に話せたり遊べる段階までこぎつけているならば、終業式前・冬休みに入るまでにできる限り登校時間を増やしたり、教室登校できるように働きかけた方が得策の場合もあります。うまくいけば冬休みもその流れで友達と遊ぶことによって新学期の登校がスムーズにいく場合もあります。ただし、クラスメートとの関係が気軽なところまでに至っていなかったり、授業に出たとたんに緊張したり、ストレスを感じることが予想される場合は慎重に判断しなければなりません。不登校のカウンセリングでは、周囲(親・教師)が焦ったり、期待しすぎてかえって後退してしまう子の事例が後を絶ちません。不登校カウンセリングでは、そのあたりの駆け引きはとても慎重に考えます。

また、小学校高学年や中学生・高校生の不登校の場合は、別室登校や放課後登校をしていても、小学校低学年の子以上の配慮が必要です。いっそうデリケートな考え方をする時期・年頃(思春期)になりますので、別室に来てくれた子とニコやかに話しているからといって「なじんできている・楽しんでいる」とは限らないのです。思春期に入ると「気遣い」や「社交辞令」という意識も生まれてくるからです。

また、新学期(三学期)のスタート(始業式)は親も教師も不登校の子も「二学期の終わりにここまで頑張れたんだから」という意味で、新学期のスタートは二学期の終わり方以上の登校パターンを期待すると同時に、不登校の子自身は「二学期より頑張らなくっちゃ」と、「義務感」を感じてしまいます。これは、不登校専門外来を設け、たくさんの不登校の子のパターンを観てきたカウンセラーだからこそわかることかもしれません。

二学期に別室登校や放課後登校ができるようになったならば、冬休みのブランクを考慮し、三学期の好スタートを期待するだけでなく、「冬休みで二週間ほどブランクが空いたから、二学期の終わりのままの登校状況から新学期をスタートするのは難しいかも」という考え方も大事なのです。そこはしっかりと専門のカウンセラーと相談しながら段取りをつけられることをお勧めします。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(心療内科医・精神科医・神経科医)

担当 小川和夫(不登校専門外来カウンセラー)

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

不登校と「スクールカウンセラー」制度

不登校の子とスクールカウンセラー その有効性とは

「スクールカウンセラー」とは・・
「wikipedia」によると、日本における「スクールカウンセラー制度」は、2001年度からスタートしたようです。

一般の方々は、スクールカウンセラー制度が充実・普及してきたことによって、不登校をはじめとする様々な学校問題が解決しやすくなると期待された方は多いのではないでしょうか。

淀屋橋心理療法センターにも、小学生・中学生・高校生を問わず、不登校のご相談があとを絶ちません。スクールカウンセラー制度が確立されてからも、むしろ、ご相談件数が増えているというのが実情です。無料で公的な相談が受けられるスクールカウンセリングはとても有用・有効な気がするのに実情に沿わないのはなぜでしょうか。

一つは、不登校の子のケアや対応が、担任ではなくスクールカウンセラーの方が主役になっているケースの場合でしょうか。以前ならば不登校の子には担任の先生(教師)が電話をかけたり、家庭訪問したりと、不登校といえどもクラスの一員という意味で、積極的に再登校にむけて頑張っておられたように思います。それが、スクールカウンセラー制度が始まってからは、「不登校の子はスクールカウンセラーに」という流れができ、担任教師が従来の機能をはたしにくくなっているような気がします。

もちろん、どんな仕事でも分業は必要かつ効率的です。「適材適所」といわれるように、各自が相応しい役割をになうのが当然でしょう。ただし、不登校の子どもの場合は一概にはそうとはいえないような気がします。再登校が目標の不登校の子にとって、担任教師の役割や不登校の子との関係性はとても重要です。特に公立学校の場合は、スクールカウンセラーはあくまで「外部」の人で、せいぜい「一週間に一回来校」という話をよく耳にします。

不登校になった原因や理由は別としても、再登校する際には身近な担任教師との関係はとても重要です。担任の先生になつくだけでも再登校できる小学生もたくさんいます。中学生や高校生の場合でも、ホームルームや特定の科目については担任教師が担当します。その先生との関係が深まるほど安心感も強まるのです。「何かあったらすぐに担任の先生に相談できる」「この担任の先生なら何かあっても助けてくれる」・・。こんな安心感も再登校する際には重要な条件になるのです。

もちろん、私どもが解決のお手伝いをしている不登校の子でも、担任の先生が積極的に動いていただいたり、マメに情報を流していただいている先生もおられます。いくら不登校の子でも、積極的に、その子に合った接し方をしていただける先生や、相性や馬の合う先生ならば、比較的短期に気を許したり、なついたりするのです。

本来はこのような担任の先生がたくさんおられ、適宜スクールカウンセラーや私どものような民間の専門カウンセラーと連携していただけると早期解決率も高まると思います。私どもの感覚ですが、多くの親御さんからのお話をうかがっていると、積極的でその子の持ち味や個性をわかって対応していただける担任の先生は少なくなってきている気がします。おまけに、これもお母さん情報ですが、積極的に不登校の子に接していただく先生ほど、学校内で「浮いている」という話をうかがったことがあります。真偽のほどは定かではありませんが・・。


淀屋橋心理療法センター(https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一
担当 小川和夫(不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村