不登校の子の「寝落ち」と「登校不安」

今やスマホやタブレット、PSPや3DSに代表されるポータブルゲーム機は一人に一台は当たり前。一人で何台も持っている子もたくさんおられます。いずれもゲームやネット動画が観られる上、どれも小型なのでどこにだって持ち歩けます。自分の部屋に持ち込んでしまわれると、親も「いったい何時まで何をしているのか・・」と子どもの就寝時刻や状況がわからなくなってきています。さらに、不登校のカウンセリングでも「ゲームや動画だと思うんですが、部屋には入れてくれないので何時間やっているかわかりません」と、子どもとの接点が減る上、子どもの事で「わからない」ことが多くなり不安になっておられる親御さんが多くなっています。

翌朝、子どもを起こしに行くとパソコンがつけっぱなしだったり、スマホが布団の中から出てきたりすることで、「あー、寝るまでずっとパソコンやスマホばっかりやってたんだ」と気づくのです。しかも、この状況から察するに、どうやら眠たくなる寸前までゲームやLINEなどをやっていたことがわかります。

このように夜中遅くまでゲーム・ネット動画・LINEなどし、そのまま眠ってしまうことを「寝落ちする」と言います。ネット用語としてよく使われているようです。ここまでくれば立派な「ネット依存・ゲーム依存・スマホ依存」と言えるでしょう。

しかし、不登校の子が寝落ちするまでネットやスマホをするのは、不登校でない子とくらべて少々事情(心理状態)が違ってきます。

不登校の子や不登校気味の子は、夜が更ければ更けるほど翌日の登校のことが頭をよぎるようになります。そうです、夜が更けるほど登校不安が強くなるのです。不登校の子はこの登校不安を消そうとしたり、紛らわせようとしてネットやLINEにふけるのです。これが不登校の子のネット依存・スマホ依存の正体とも言えます。不登校のカウンセリングの相談に来られている子どもさんのほとんどが、このネット依存・スマホ依存であると言っても過言ではありません。

ただし、寝落ちするまでゲームやLINEをつづけても登校不安そのものの解決や解消にはつながりません。あくまで一時しのぎなのです。本格的に解決するにはどうしても親御さんの協力が欠かせません。不登校のカウンセリングでは、単にネットやスマホの時間を制限したり、禁止したり、取り上げるといった対応ではなく、登校不安そのものについて相談できる親子関係を築くためのアドバイスをお出しします。

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

不登校になってスマホゲーム三昧

不登校の子がスマホゲームにはまり、夜中や朝方まで没頭しているケース=ネット依存が増えています。内閣府の「平成24年度青少年インターネット利用環境実態調査」によると、スマホ所有率が前年と比べ、小学生で7倍、中学生で5倍、高校生になると8倍と急増しているそうなのです。

スマホの中でも流行っているのがLINEやパズドラに代表されるスマホゲーム。パソコンのオンラインゲームと比べ、どこにでも持ち運べ、親の目を盗んで自室でスマホゲームやLINE・Twitterなどにふけることができます。

不登校の子の特徴の一つに「勉強・スボーツ・おしゃべり」など、クラスの子から一目おかれる特技をもっていない子が多いというのがありますが、不登校の子にとってはみんなが登校している間にスマホゲームを極める・進めることができるという意味で有利といえるでしょう。「クラスでは目立たない子、でも、ネットゲームの中では『神』」という称号を得る事ができるのです。

不登校のカウンセリング治療では、このようなメリットも視野に入れた上でカウンセリングをすすめます。我が子のスマホ依存・ゲーム依存・ネット依存に業を煮やした親御さんは「スマホを取り上げる・ゲームやパソコン禁止」と極端な結論に至りがちですが、スマホやゲームにはまる子の事情も汲んであげていただきたいのです。スマホ以外のことで夢中になれるものを見つけるのも良し、スマホやゲームの話題を親子で話すことで、親子間の気軽さを育むのも良し。不登校の子を再登校させるためには、時には我慢や不本意な対応も必要です。スマホの依存度や現状の親子関係によって、カウンセリングの進め方も違ってきます。ぜひ、一度専門家のカウンセリングを受けられた上で対応されることをお勧めします。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

 

——————————————————————————————–