【不登校】小学生のネット依存・ゲーム依存

インターネットオンラインゲームにはまる子は低年齢化の一途をたどっているようです。

昨年のおわりごろから小学生の不登校のご相談が増えだしましたが、そのほとんどの子がインターネットをしている、というより、「小学生なのにネットやパソコンを使いこなしているなー」という印象をうけます。まるで中学生・高校生の「ネット依存症」のようです。

自分でブログやツイッターなどのサイトを開設したり、オンラインゲームで色んな世代の人とコミュニケーションをとったり、ネットでグッズやコンサートのチケットを売買したり、コンビニにプリペイドカードを買いに行ってはゲームをダウンロードしたりアイテムを購入したり・・・。しらない間に親以上の知識をつけては色々なことをやっている子がとても増えているのです。しかも、不登校中の小学生が、なのです。

中には、親も負けじと子どものブログを検索して探し当てたり、ネット(無線LAN)を切ったりネットのケーブルを隠したりと応戦するものの、子どもの中には親がブログを見ていることに気づいいてすぐさまブログを閉鎖したり、親が隠したケーブルを探し当てたり・自分でケーブルを買ってきたりと、まさに「いたちごっこ」状態になっている家庭もよくあります。

ただ、運良く、子どもに見つからずにブログをみることができた場合、思わぬ収穫が得られることがあります。たとえば、不登校になったいきさつなど、親にはいっさい語らないもののブログには赤裸々に書き込んでいたりするのです。カウンセリング中にこんな情報が得られた時、カウンセラーは「(ネット依存やブログ開設などを)やっていることの是非」というよりは、「ブログの書き込み内容の利用の仕方」について親御さんにアドバイスします。

オンラインゲームも同じです。ゲームの時間を少なくすることばかり思案するのではなく、「このゲームの話題を再登校に向けての何かに利用できないか」と考えるわけです。ネットやゲームに夢中で親子の会話が少ない場合は、「ネット」のことに詳しいことや、楽しそうにやっている「ゲーム」をうまく話題として生かせるようアドバイスするのです。もちろん、これらの話題がやがて「不登校・再登校」の話題へと応用できるようになるのです。

小学生といえども、ネットやゲームのことは中学生や高校生はもちろん、親も顔負けの知識をもっているのです。「ゲームやネットに依存」は言い換えれば「その気になれば長時間でも集中してやれる力がある」ということです。不登校のカウンセリングでは、「親子の話題」や「子どもの才能・能力」を広げたり伸ばしたりする方が得策だと考え、ネットやゲームを禁止するという方向だけではなく、時には、大いに利用する方向で進めることもあるのです。

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)
所長 福田俊一
担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

「ネット依存」で「不登校」の子は発達障害?

【ネット依存と不登校・発達障害】

先日「ネット依存者が50万人を超えた」と報じられたようです。不登校のカウンセリングを長年やっていますと、長時間に渡りネットでゲームをしたり、スマホを片時も離さずLINEやTwitterばかりやっている子は、「ごく当たり前の子なんだ」と感じてしまいます。それほど「不登校」とネット・ゲーム・パソコン・SNSなどは密接な関係なのです。「ネット依存の子はもっと多いのでは?」というのが不登校専門カウンセラーとしての率直な感想です。また、不登校のカウンセリングでは「家のパソコンでネット依存」の子と、「あまり家に居着かずスマホでLINE依存スマホ依存)」をしている子とは、不登校のタイプ(性格)的には全く違う子として扱っています。

また、不登校のカウンセリングに通われている親御さんからも「こんなにネットに依存しているのは発達障害だからでしょうか?」というご質問も多数いただきます。「発達障害」という言葉の中には「障害」という言葉が入っているだけに、親御さんも過敏にならざるを得ないのでしょう。そこで、当センターのカウンセリングでお手伝いしている不登校の子たちの特徴と比べて「発達障害」という診断が適切なのかどうか考えてみたいと思います。

 

【ひきこもり型不登校タイプ」VS「非行型不登校タイプ】

家のパソコンでずっとネットゲームをしているネット依存の子は、どちらかというと「ひきこもりタイプ」の子が多く、対人関係で孤立していたり、特定の子としかコミュニケーションがとれない子が多いようです。一方、スマホを片時も手放さずLINEばっかりやっているネット依存の子は「非行タイプ」の子が多く、「常に誰かとつながっていたい」という気持ちが強い場合がよくあります。色々なタイプの不登校の子のカウンセリングを担当していると、ネット依存の話題は避けて通れません。

 

【ネット依存に走る原因と対策】

「パソコンでネット依存」という場合は、夢中になって好きでやっているならまだしも、不登校の子の場合、再登校の際の不安に対する「現実逃避(=不安を避けたい)」の意味も含まれる場合があります。もしそうならば、カウンセリングを通じて親御さんに対応の工夫をしていただき、ネット依存で問題を先送りする(=登校不安を紛らわす)のではなく、親子で一緒に再登校に対する不安に向き合えるように導いていきます。

また、スマホでLINE依存の子でも、家の中にいようが外にいようが、スマホやケータイを手ばなせないのは、常に誰かとつながっていたいとい「さびしい気持ち」からきているのならば、十分に改善のチャンスがあります。当センター独自のカウンセリングで非行タイプの子向けの対応をとっていただき、親子の関係を工夫していただくことで、LINEなどに割く時間を減らしつつ親子のコミュニケーションを増やしていくということが可能です。場合によってはLINEを親子の共通の話題にしたり、親子でLINEを楽しむというのも一つの方法です。

 

【ネット依存と発達障害】

ここまでくると、上記の傾向のある子は発達障害というよりは「他の子よりも孤立感が強い」「他の子よりも寂しがり屋」など、一般の子と比べて「人と比べて○○が強い」という感じがします。私どもでは発達障害かどうかの診断は下せませんし、発達障害ではないと断定することはできませんが、不登校の現れ方(ひきこもり・非行・家庭内暴力・無気力など)に応じたカウンセリングを進めていくと、次第に状態・状況が変化していく子や再登校できるようになる子が多いのも事実です。ネット依存に走る原因が「対人関係の苦手意識」や、「家庭や学校に居場所が無い子のよりどころ」ということならば、不登校のカウンセリングで十分にお手伝いできると思います。

 

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

 

不登校と「ネット中毒(ネット依存症)」

不登校と「ネット中毒(ネット依存)」

よく「不登校の子はネットにばかり依存しているから、いつまでたっても不登校が治らないんだ」「ネット依存が長期化すると脳までおかしくなる」と言われます。また、「ネット中毒ネット依存)の子はキレやすい」と言われたり、「ネトゲ廃人(ネットゲーム廃人)というネット用語もあるぐらいです。

たしかに、夜型中心でネットをしている子は、朝起きに支障をきたすという理由で「夜中にネットをしているから朝起きられずに不登校(ネット依存が原因で不登校に)」と結びつける親御さんもおられますし、「(勉強もせずに)起きている間はずっとネットに依存している」という嘆きの声もよく聞かれます。

 

ただし、不登校のカウンセリング治療を通して言えることは、

「ネットの話題は使い方ひとつで良薬にもなる」ということです。

 

不登校中にネットをしている子の本音は様々です。不登校のカウンセリングを親御さんと一緒にすすめていると、意外とネットを有効利用できることがあります。ネットの話題をうまく利用して親子の関係が改善することもしばしばです。逆に、自分の親が頭からネットを否定していると子どもさんが感じるだけで、不登校再登校の話題をいっそう避けたがる子もいます。その意味では、親との会話や干渉を避けるためにネットに依存しているということはあるかもしれません。

不登校のカウンセリング治療では、ネット中毒(ネット依存)・スマホ依存・ケータイ依存は、不登校問題解決のために避けては通れない道(=話題)と言えるでしょう。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)