【不登校】入学前の登校宣言にご用心!

不登校の子にとって「学年の変わり目」再登校の大きなきっかけに役立ちます。

一方、中学校や高校に入学するのも学年の変わり目には違い有りませんが、注意しなければならない点がいくつかあります。その筆頭は何といっても「新しい環境で心機一転頑張る!」と宣言する子です。これまで不登校状態が続いてきたものの、中学入学を機に「新しい友だちができるかもしれない」、高校入学を機に「自分の不登校を知らない子たちばかりだからやり直しやすい」といった気持ちからなのでしょう。

確かに環境が変わるというのは大きなチャンスですが、一方、新しい環境になじめるかどうかという不安があるはずです。公立高校の後期受験日よりも前に高校が決まった子なら、入学までに日数がある分、「現実的な不安」よりは「こうありたい」という願望の方が頭をよぎりやすいものです。中学校に入学する子も、「やっと卒業できた。苦い経験でいっぱいの小学校ともおさらばだー」という感じでしょうか。

つまり、「登校宣言」=「実感が湧く前に抱いている願望」と理解した方が良さそうです。そんな場合は、入学式が近づくにつれ子どもさんの口が重たくなったり、生活リズムが逆転したり、イライラ・そわそわするといった現象が現れることもあります。そうです!、入学式が近づいてきてやっと「現実」がわかってきたのです。

登校宣言を耳にした親御さんは、「宣言までしたんだから、きっと行ってくれるはず!」と信じておられるかもしれませんが、子どもさんの態度が変わってきたら要注意!。入学式が近づくほど不安が強くなってきたのかもしれません。これまでの「登校宣言」は棚に上げ、入学直前の子どもさんの気持ち(本音・不安)に耳を傾けてあげて下さい

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村