【不登校】気遣いの強い子への家庭訪問の注意点

不登校で自宅や自室にひきこもっている子にとって、友だちや担任の先生の家庭訪問はとても有り難いものです。中には、いくら友だちや先生がきてくれても会うのを拒否する子もいますが、気づかいの多い子は、すんなりと会えたり、自室に入ってこられるのを拒否しない子が比較的多いようです。この傾向は当センターの不登校のカウンセリングではとても顕著です。

しかし、気づかいの強い子が友だち(クラスメート)や担任の先生と会えた・話せたからといって親としては手放しで喜ぶことはできないのです。「本当はイヤだけど、断ったら悪いから・・」と、「気づかい」という性格がなかなか「ノー(No)」と言わせてくれないのです。友だちや先生も嫌がらずに会ってくれている不登校の子を前にすると、ついつい話が長くなったり、「この雰囲気なら一押しすれば登校するかも・・」と期待を抱いてしまいがちに・・。

これは結果をみれば明らかです。努力が無事に実を結んで再登校できれば万々歳!。ところが、先生や友だちが帰るや否や部屋から出てこなくなったり、「登校する」と約束した日の朝になると「お腹が痛い・・」と結局、休んでしまうことに。

いわゆる「心身症タイプ」の子は「気遣いの名人」です。見た目やその場の発言(=建前)と本音が違うことはよくあることです。

不登校のカウンセリングでは、友だち(クラスメート)や担任の先生の訪問は是非ともお願いしたいことの一つです。ただし、対応の「さじ加減」ひとつで結果が変わってしまうだけに、しっかりとプランを練っておく必要があります。カウンセリングでは、まずカウンセラーと親御さんが、不登校の子どもさんの特性や性格を踏まえ、訪問していただくなら、「どんな話題から・どれぐらいの時間・何人ぐらいで・・」など、綿密に相談した上で実行します。

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来担当 心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

不登校 「『行く行く』詐欺」って?

不登校のカウンセリングの中で、この「行く行く詐欺」という言葉を何度耳にしたことでしょう。おそらく「オレオレ詐欺」から派生した言葉だと思いますが、何人もの親御さんが独自にこのようにネーミングされているようです。

では、どんな子のことを「行く行く詐欺」と呼ぶのでしょう?。

不登校中の子や不登校気味の子が、親から「明日はどうするの?」と聞かれると「行く、行くー」と軽く返すのですが、いざ当日になると「お腹が痛い」と訴えたり、布団から出てこなかったり・・、それが何日も続くのです。

このような不登校を毎日を繰り返す子は、やはり心身症タイプの子に多いようです。当の不登校の本人の心中はというと・・、「その時は本当に行く気だったのに」悪気の無い子もいれば、「とりあえず『行く』と言っとかないとお母さんうるさいからなー」親の登校刺激を避けるための手段として使っている子もいるようです。

いずれの場合でも「『行く行く』詐欺」「嘘つき」になるわけですから、日に日に親子の関係は気まずくなっていきます。不登校のカウンセリング治療でも、「気まずい親子関係」や「正直な気持ちを話せない関係」は再登校の妨げになると考えています。少し会話の仕方を工夫することで、この問題は解決します。

不登校と非行のカウンセリング.png

淀屋橋心理療法センター(公式HP→https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

【不登校】朝になると腹痛や頭痛を訴える子 (心身症タイプの不登校)

淀屋橋心理療法センターでは、医学的な検査はできません。もし子どもさんが朝になって腹痛や頭痛を訴え、症状が何日も続く場合は内科・小児科など適切な医療機関(クリニック・病院)にて検査をうけて下さい。その結果「(医学的には)問題なし」となった場合は当センターの出番です。いわゆる「心身症タイプ」の不登校の傾向があるかどうかを問診(親御さんからの聞き取り)にてチェックさせていただきます。

心身症タイプの子は独特の性格・持ち味をもっています。それはとても対人関係においてとても優等生的で、優しい子というのが特徴です。心身症タイプの子ならば、親御さんが学校に欠席の電話をいれたトタンに腹痛や頭痛が治まったり、遅くてもお昼ぐらいには元気になる子が多いようです。しかし、また翌朝になると「お腹が痛い・頭が痛い」と訴えるのです。そして土日などの休日には症状が現れません。これは明らかに「学校=登校」を意識するとストレスが強くなり、身体が反応していると考えられます。

このような症状(心身症)の不登校の子は、当センターのカウンセリングを受けていただければ比較的短期に成果が現れ始めます。当センターの家族療法カウンセリングでの対応の主役は親御さんです。「子どもの症状は親の対応で変わる=治る」のです。

特に心身症タイプの不登校の子は、自分のストレスを説明するのも苦手だし、中にはストレスそのものに対しての自覚がない子が意外と多いのです。そのため、不登校の子が自己ストレスをしっかりと言語化できるようにするために親御さんに対応面で頑張っていただきます。

 

淀屋橋心理療法センター(https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一(医師)

担当 小川和夫(不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村