【不登校】有名な病院で良くない診断を受けたり、心理テストで悲観的な結果を示された親御さんへ

淀屋橋心理療法センターには、名医と評判の医療機関やネット検索ですぐ出てくるカウンセリング相談機関での診察やカウンセリングを受診された後に来所される親御さんが意外と多いのです。

当センターでは、このような流れで来所される親御さんは「再登校への動機づけ=モチベーション」が高いと捉えます。すなわち、家族で試行錯誤したり、病院やカウンセラーの診断がおりた上で来所されるわけですから、すくなくとも「これまでの診察やカウンセリングでは解決していないか親御さんが示された治療法に納得できていない」ということがわかります。

当センターの無料の事前相談に親御さんが来所されると、これまでの治療やカウンセリングの経緯と共に「医師からの診断名」や「心理テストの結果」を教えてくださることがあります。

不登校専門カウンセラーにとって、これらの「情報」は当センターのカウンセリング治療を進める上でとても役立ちます。「この子は過敏性腸症候群を診断されて、整腸剤などの投薬をうけている」「この子は『発達障害』と診断され、「見守る対応」や「発達障害の子たちを受け入れてくれる施設」を紹介されている・・・。

淀屋橋心理療法センターでは、診断名や心理テストの結果は参考にしますが、治療法や解決法については、当センター独自の方法(淀屋橋流に発展させた家族療法)を用います。

特に「メンタル・心理的」な要因によるものは不登校専門外来のカウンセリングで十分治療が可能ですし、心理テストで「発達障害」と診断された場合は、親御さんの対応を工夫することで、社会適応が期待できたり、場合によってはその子の個性や活かした仕事をお勧めする場合もあります。世間一般の子と同じように、集団生活や競争社会で十分に他の子と渡り合えるというのは難しいこともありますが、「特定のタイプの人との限られた集団生活」や「他の人にはない個性的な特技や持ち味を活かした職業」に就くという方法も考えるわけです。

少なくとも、当センターでは「診断名」や「心理テストの結果」で、その子の人生を悲観するのは非常にもったいないことだと考えています。その子の持ち味をしっかり理解すれば、その子の活かし方が見えてくるものです。ただし、親御さんだけでは先入観が入りますし、身近な方や世間の一般論をヒントにすると、思いがけず悪い方向に向ってしまうこともあるのです。

その子の特性や持ち味をしっかり理解し、今後の対応や進路に活かす

これができるのは、親御さんだけだと言っても過言ではありません。当センターの「家族療法」は、親御さんが子どものためにどんなことができるのか。その子その子に応じた処方(対応)をお出しするのが、淀屋橋心理療法センターの使命であると考えています。

 

淀屋橋心理療法センター(https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

新学期から不登校 身近に迫る高校生の留年への焦り

新学期から不登校・・・高校生の留年のピンチをどう乗り切るか

 

高校生の不登校は、小学生や中学生の不登校と違い、「留年」という避けては通れないハードルが設定されています。4月の新学期早々から不登校になって休みつづけている子は、6月から7月になると留年決定のピンチです。私立高校の場合は独自の留年判定基準があるようですが、留年基準の厳しい高校だと5分の1の日数を休んでしまうと留年というところがあると聞いたことがあります。また、高校によっては病院・クリニックなどの「診断書」を提出すれば、不登校の日数や留年の基準を配慮してくれるところもあるようです。

 

留年は一般的に「一年間の出席すべき日数のうち、何日休んだら留年」や「科目ごとに一定の日数(コマ数)を休んでしまうと、年間の登校日数は大丈夫でも科目の単位が認められず留年」といった、一定の留年判定基準があります。ただし、「科目の単位のうち○○単位までは落としても仮進級できる」「何単位落としても、年度末の職員会議まではわからない」といった、高校によっては留年の判断基準に違いがあるようです。

 

不登校の子は、大まかには留年決定の基準(タイムリミット)はわかっているかもしれませんが、「あと何日休んだら留年」といった正確なタイムリミットまでは把握できないでしょう。まして科目ごと(単位ごと)に「この科目はあと何日」と計算するのは、不登校中の高校生にとっていっそうハードルが高いといえます。また、いくら自分の子どもの不登校や留年が心配でも、親御さん自身が留年の判定基準を把握したり「留年まであと○日」と計算するのも難しいと思います。

 

そんな時は、早めに担任の先生に相談されることをおすすめします。担任の先生によっては「まだまだ大丈夫ですよ」「今からそんな心配しなくていいですよ」と、留年のことを気にしないようにとおっしゃる先生もおられます。しかし、漠然と「まだ大丈夫」と言われても、親にとっても不登校の子にとっても、心づもりができないだけに不安です。不登校の子の中には、正確な留年のタイムリミットをきいて「やばい!」と慌てて再登校しだす子もいます。また「○月○日までには再登校しなくちゃ」と留年のタイムリミットがわかるだけでも、自分なりに登校しやすいタイミングを留年ギリギリまでに考えるチャンスも生まれてくるのです。

 

事前に予告もなく「留年が決定しました」という事態だけはなんとしても避けなくてはなりません。留年は人生の中でももっとも大きな危機(ピンチ)の一つです。しかも、心づもりができないうちに留年が決定してしまうと、それがトラウマになって後々までひきずったり、ひきこもりのきっかけになることもあります。生徒手帳をしっかり見直したり、担任の先生に「いつになったら教えてもらえますか?」など、家族は留年のタイムリミットを知りたい・気にしているという意向をしっかり伝えましょう。ただし、留年決定のタイムリミットを不登校の本人に伝えるタイミングは慎重に考えなければなりません。(留年のタイムリミットを)早めに伝えた方が良い子、遅めに伝えた方が良い子と、不登校の子のタイプによっては使い分ける必要があるのです。淀屋橋心理療法センターの不登校のカウンセリングでも、子どもさんのタイプやこれまでの不登校の治療経験などと照らし合わせ、不登校の本人に伝えるタイミングを図っています。

 

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)